パーソナル・ストーリー 8/8

…7 からの続きです

 医療関係者は誰も、この話を信じません。私たちは間違っているに違いない。“本当に精神病的”な人とだったら、そんな結果が得られるはずがないと言われます。

 私たちは医療関係者の言うことを無視し、続けます。自分たちが一緒にやっていることの力を知っています。自分の人生において、それを目の当たりにし、経験しています。

 つぎつぎと困難に立ち向かいます。困難な経験を解決の手立てに転換します。何が役に立ち、何が役に立たないかについて、いつわりのない対話を重ねます。

 私たちは、新しいグループをはじめ、新しいやり方を試し、古いストーリーを再検証し、新しいストーリーを試してみます。トラウマの経験を持つメンバーは、話し合い療法は役に立たないと言います。そこに参加すると、行く前より帰るときのほうが気分が悪くなっている。しかも、そのためにお金を払ってまでして。問題は、ひどいストーリーを詳しく話すように強制されることだと、そのメンバーたちは考えています。“虐待の経験に対処する”治療目的という名のもとに、サバイバーが次から次に、虐待の経験を詳しく語るのです。

 それで、私たちは新しいグループを始めます。音楽が関係しています。音楽をコミュニケーションの手段として使うのです。そして、ひどい体験談を語るかわりに、音楽を通して、自分たちの声を発見し、それをお互いに重ね合わせることで、自分たちが作り出すもののエネルギーとパワーを感じます。

 従来、疎外され、声を奪われ、閉じ込められてきた人たちの文化に、これほどの変化をもたらしているのは、一体、何なのでしょうか?これは極めて単純なことだと、私は気づきます。私たちは、違ったやり方で、交流しているのです。問題や欠陥で自分たちを定義して、その定義のなかで、会話をしたり、お互いについての話しをするのではなく、自分たちの力と可能性を通してコミュニケーションをしているのです。

 新たな前提と信念をもってやり続け、私たちは、自分にとっての新しい現実をつくりだします。私たちはコミュニティを創ります。私たちは、自分たちの身におきた秘密にチャレンジします。語り、発見し、新しい行動に導く会話を通して、変化をもたらします。

 これは、宇宙にロケットを飛ばすような複雑なことではありません。ですが、私たちが思い込まされてきたことと違っていることは確かです。私たちは、古い思い込みにチャレンジすることで、新しい結果を導き出すようになってきています。これは幸運なことに、私たちの努力の過程であると同時に成果なのです。

  • 恐ろしい内的な経験を私もしていて、しかもおそらく今現在でもその恐怖に支配されていると感じております。文学でしばしば《呪われた詩人たち》という言い方をすることがあり、私もそんな呪われ方を被っているのだと感じています。しかも肝心な、少なくとも私にとって肝心だったかつての文学、いささか古風で大柄なところのある、手垢にまみれた神話としての文学に呪われたと思います。

  • 続き)そのようなかつての権威的になりがちな文学に抗するわけでもない何か新しい文学を構築し得たとき、私にふりかかった《たわいもない呪い》の謎が解け、《呪い》から本当に解放されるのではないか、漠然としてででしかないけれど、そう感じています。

  • 更なる続き)とはいえ、さほど今では体調等が芳しくないわけではなく、むしろ元気なんだけれど、デフォルメしてざっと文で綴れば今までのコメントのようになったのです。ピア・ヘルパーとして働くようになってから一度も休んだことなどありません。ただそれでも極めて個人的な生き辛さのようなものを僅かに抱えていて、そんな僅かをデフォルメしてみせたのが今までの私のコメントなんです。だから《敢えてわざわざ神経質になって個人的な問題をデフォルメしたコメント》とでも呼んでみる性質のものです。そしてこのことは《古い思い込みにチャレンジする》ことへのほんの一歩手前の状態であり、何かしらの躊躇いを払拭しようとそれ相応に努力している精神的な喘ぎやもがきのようなものです。会社の先輩なり同僚なりは、私が今こんな位置にいることをあまり知らないと思います。前衛としてではない新しさ、奇を衒うものではない新しさ、そのことをいつも考える最近の私です。

  • Kunoeri

    「権威的になりがちな文学に抗するわけでもない何か新しい文学」という表現に惹かれました。多数派に受け入れられると、文学にしろ、音楽にしろ、思想にしろ、権威的になりがちなのかもしれなくて、それに対抗する”新しさ”は、結局のところは同じ輪のなかに入っていて、その枠組み自体を問うことはないような気がします。もしかして、私が想像もしていない、新しい表現のあり方が出現してくるのかもしれないし、古代から、見える人には見えていた本質が、違ったふうに表現されるのかもしれないと思ったり。