Intentional Peer Support

「意図的なピアサポート」を考える取り組み


IPS導入編

パーソナル
ストーリー

動画


facebook

研修情報

研究

I

PS(Intentional Peer Support インテンショナル・ピアサポート)のサイトへようこそ。このサイトは、IPSをテーマに、さまざまな視点からの語りと会話が繰り広げられる広場をイメージしています。ここにはIPSについて考え、実践するための素材が集められています。まずは、手にとってみてください。そして、何か共鳴すること、触発されるものがあったとしたら、このスペースに差し出していただければと思います。会話がどこに向かい、どんな世界が開かれていくのか、私たちにも想像がつきません。新たな可能性に開かれるIPSの会話を、このサイト上でも実践できればと思います。

 IPSは、新たな可能性に開かれていくことを意図する、人と人との関わりの在り方(関係性)と会話をめぐるものです。私たちは、どのようにして物事を“知る”のか、そして、新たな“知り方”に目が開かれるのは、どのような関係性と会話を通してなのかを追求してきました。人類として私たちが、自分との、自分の周りの人々との、さらには、この地球上に存在する、共通したものを何も持っていないかもしれない人々との、つながりの在り方を究めるのがIPSだともいえます。関係性と会話は即興でかなでられる音楽のように絶え間なく流れているものです。IPSは、お互いの音が響き合い、さらに興味深く、さらに奥深い理解へと導かれる関係性と会話をつむぐ術なのです。それはまた、この世界が予測のつかなさを、もっとおおらかに受け入れ、恐れに動かされて反応することが少なく、常に意識を覚醒させているための道具であるともいえます。

 IPSは単なる理想論ではありません。IPSは暴力による支配、また、精神の病というレッテルに伴う抑圧の経験から導きだされたものです。すべての人の、あらゆる類の暴力と苦しみからの開放を願う思いがIPSの中核にあります。つながりの在り方に関して、そのような経験から抽出された洞察と直観を、さまざま哲学思想、社会理論やコミュニケーション理論に照らし合わせて考察し、それをさらに経験で試し、研ぎ澄ます過程を通して、IPSは形作られます。そして、その過程はこれからも常に続けられています。

 このサイトでは、IPSを実践するための実践的なガイドと理論的な考察を提供します。共に学び研鑽を深めるIPS実践者のコミュニティを作りたいと願っています。IPSの実践には、自分が慣れ親しんだやり方を手放すことが求められたり、ときに多数派の文化を向こうにまわした行動が求められることもあるでしょう。そのため、お互いに支え挑戦しあう仲間の存在が欠かせないものになるであろうからです。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Psilocybe ;)